ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

2018年7月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年7月31日更新

更北地区と信州新町地区の皆さんが交流

 7月30日(月曜)、更北地区と信州新町地区が、相互理解と団体同士の交流を図るため、地域間交流事業を行いました。

 この日は、更北地区の小学生約30人と住民自治協議会の皆さんが信州新町を訪れ、地元高校生などの指導によるカヌー体験や昼食交流会などを行いました。

 参加した児童は、「(カヌー体験は)初めてだったけどとても楽しかった。またやりたい」「後半はうまく進めるようになった」などと楽しそうに話していました。

カヌー体験を行っている小学生たちの写真

夏祭りを楽しもう!

 7月28日(土曜)、篠ノ井駅前通りで「篠ノ井合戦まつり」が行われました。

 この日は、16基の「子供みこし」が練り歩いた後、28連が参加してびんずる踊りが行われ、会場は盛り上がりとともに熱気に包まれました。

 長野市内では、8月中旬にかけて、たくさんの夏祭りが開催されます。ぜひ、お近くの祭りにお出掛けください。

夏祭り情報

篠ノ井合戦まつりの子どもみこしの様子

篠ノ井合戦まつりのびんずる踊りの様子

大迫力!クジラの骨格標本

 市立博物館では、9月2日(日曜)まで、夏の企画展「海の王者 クジラ」を開催しています。

 海の中へ生活を変えた初期のクジラであるバシロサウルスの全長18メートルの骨格標本や、シンシュウセミクジラを含む長野県産の化石などの展示から、海の王者と呼ばれるクジラの進化などについて紹介しています。ぜひお出掛けください。

長野市立博物館(新しいウインドウが開きます)

海の王者クジラで展示されているバシロサウルスの模型の写真

夜のなつやすみこども会を開催します

 7月28日(土曜)17時30分から、市立南部図書館で、幼児から小学3年生までが対象の「夜のなつやすみこども会」を開催します。

 暗闇に幻想的に光るおはなし会(ブラックパネルシアター)や紙芝居の上映、絵本の読みがたりなどを行います。また、職員お勧めの児童書をまとめた小冊子も用意しています。ぜひご家族でお出掛けください。

長野市立図書館(新しいウインドウが開きます)

暗闇でのお話会の写真

  • 2017年に行ったブラックパネルシアターの様子

夏の交通安全やまびこ運動実施中!

 7月31日(火曜)まで、夏の交通安全やまびこ運動を実施しています。

 7月22日(日曜)には、市内各地で、やまびこ運動の一環として街頭指導を行い、地元の交通安全協会や住民の皆さんが、信号待ちをしている運転手に啓発用のチラシなどを配布して、交通安全の徹底と交通ルールの順守を呼び掛けました。

 皆さんも、交通ルールとマナーを守り、交通事故の防止を心掛けましょう。

街頭指導のため、ティッシュとチラシを運転手に手渡ししている様子の写真

ホームで熱戦

 7月22日(日曜)、長野Uスタジアムで、サッカーJ3リーグ第19節AC長野パルセイロ対ブラウブリッツ秋田の試合が行われました。

 この日は「長野市ホームタウンデー」として、7千人を超えるサポーターが熱い声援を送りましたが、AC長野パルセイロは1対2で惜しくも敗れました。次のホームゲームは、9月9日(日曜)、藤枝MYFCと対戦します。

AC長野パルセイロ対ブラブリッツ秋田の試合の様子の写真

入園者600万人を達成

 7月22日(日曜)、茶臼山動物園が、1983年(昭和58年)8月の開園以来、入園者数600万人を達成し、当日、600万人目の入園者の組とその前後の組の3組に、認定書や花束などを贈呈し、節目を祝いました。

 同園では、8月から寄付により動物園を応援してくれる「茶臼山動物園サポーター」を募集します。皆さんのご協力をお願いします。

ちゃちゃっと茶臼ニュース

茶臼山動物園南口で入園者600万人目とその前後の組での記念撮影

被災地へ職員を派遣

 7月20日(金曜)、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市に職員を派遣するに当たり、加藤市長が激励を行いました。

 市長は、「体に注意して対応し、地域の皆さんの役に立ってほしい」と激励し、それに対して職員は「被災者に寄り添い、皆さんの力になれるようにがんばりたい」と決意を述べました。

 派遣職員は、7月23日(月曜)から8月31日(金曜)まで、1週間単位で交代しながら、避難所の運営業務に当たります。

被災地へ派遣される職員二人と加藤市長の写真

熱中症に注意しましょう!

 暑い日が続いています。気温の高い日が続く高温環境下での労働や運動・活動は、熱中症の危険が高まり、症状が重くなると生命への危険が及ぶこともあります。特に、高齢者や乳幼児は、成人よりも熱中症のリスクが高く、注意が必要です。

 暑さを避け、適切な冷房の使用や小まめな水分・塩分補給を心掛けて、熱中症を防ぎましょう。

熱中症は予防が大切!

木の葉の間から見えるまぶしい日差しの写真

AC長野パルセイロの応援に行こう!

 7月22日(日曜)、長野Uスタジアムと周辺広場で、「長野市ホームタウンデー」を開催します。

 このホームタウンデーでは、長野市の“食”の出店、長野西高等学校書道班による書道パフォーマンス、AC長野パルセイロ古着市などを行います。また、同日17時キックオフのサッカーJ3リーグ第19節AC長野パルセイロ対ブラウブリッツ秋田の試合は、「1万人チャレンジデー」として、観客数1万人を目指す試合です。皆さんぜひ応援に行きましょう。

 パルセイロ

  • 市役所2階連絡通路で行っているホームタウンデー事前告知「パルセイロストリート」の様子

城山小学校の児童がサイパン島へ

 7月18日(水曜)、サイパン島を訪問する城山小学校の児童の皆さんが市役所を訪れ、加藤市長と近藤教育長を表敬訪問しました。

 サイパン島は、城山小学校の一校一国運動の相手国・地域であり、互いに訪問団の受け入れを行うなどの交流をしています。児童は、「事前学習で学んだ知識を生かしたい。ホームステイでは、受け入れてくれる家族に感謝しながら過ごしたい」と意気込みを語っていました。

 児童の皆さんは、7月26日(木曜)から31日(火曜)までホームステイで滞在し、サイパン島の人たちと交流を深めるとともに、戦没者慰霊法要などにも参加して平和の尊さを学びます。

集合写真

泥にまみれて楽しみました

 7月15日(日曜)、七二会地区で、「泥んこバレー IN 七二会」が開催されました。

 中山間地域の活性化に向けた取り組みとして、南長野青年会議所や七二会地区住民自治協議会など地域の皆さんの協力により、初めて開催されたこのイベントには、県内外から20チームが参加。会場には、泥まみれになりながらボールを追う皆さんの楽しそうな声や笑い声が響き渡っていました。

水を張った田んぼで泥だらけになってバレーボールをしている様子

山々を望む景色の中、バレーボールをしている様子

サマーナイトガーデン開催中!

 7月14日(土曜)まで、市役所第一庁舎西側広場「桜スクエア」で、サマーナイトガーデンが開催されています。

 これは、現在開催しているアートメントNAGANO2018に合わせて行っているもので、17時から20時まで、日替わりで出演するアーティストの生演奏と飲食を楽しむことができます。ぜひお出掛けください。

サマー・ナイト・ガーデンの様子

互いの資源や研究成果を生かしていきます

 7月10日(火曜)、市役所で、長野市と長野県立大学との包括連携協定書の調印式を行いました。

 この協定は、互いに有する資源や研究成果などを生かした連携や協力を通じ、地域振興の発展や教育研究の充実などを目的に締結したものです。

 今後は、選挙業務への学生の協力を通じた有権者教育の推進や、地域イベントへの学生の参加による地域振興の発展などに向けて取り組んでいきます。

連携協定調印式の様子

ようこそ長野へ!

 7月10日(火曜)、長野市の友好都市である中国・石家庄市から、中学生友好代表団の皆さんが市役所を訪れ、加藤市長を表敬訪問しました。

 加藤市長は「長野で体験したことや、よかったと感じたことを、中国の家族や友人に伝えてください。そして一つ一つの出会いを大切にしてください」と歓迎しました。
 団長の車 国利(シャ コクリ)石家庄市教育局調査研究員は、「日本のさまざまな文化に触れながら、皆さんと交流を深めていきたい」と抱負を語りました。

 友好代表団の皆さんは、11日(水曜)まで市内に滞在し、北部中学校を訪問したり、着物の着付けや折り紙などの日本の伝統文化を体験したりする予定です。

代表団の子ども達

県立大生が夏の風物詩に参加しました

 7月8日(日曜)、善光寺周辺の各町が屋台を引いて練り歩く「ながの祇園祭・御祭礼屋台巡行」が、中央通り一帯と長野駅前で開催されました。

 この日は、権堂町・西後町・新田町・北石堂町の屋台が巡行し、東町・問御所町の屋台は置き屋台として展示されました。4月に開学した長野県立大学の学生も大勢屋台の引き手に加わるなど、若い力が歴史と伝統ある祭りを盛り上げていました。

 7月8日ながの祇園祭

「ながの未来トーク」で市長と懇談

 7月7日(土曜)、鬼無里活性化センターで、「鬼無里地区 ながの未来トーク」が開催されました。

 鬼無里地区の皆さんと加藤市長や担当部局長が、鬼無里地区の活性化などをテーマに懇談しました。今後も、11月までに各地区11会場での開催が予定されていますので、皆さんの参加をお待ちしています。

鬼無里地区のながの未来トーク

アートメントNAGANO2018がスタート

 7月7日(土曜)から、長野市から発信する夏の音楽フェスティバル「アートメントNAGANO2018」が始まりました。

 この日は、旬の若手トップ・アーティストたちが、善光寺本堂で「善光寺・奉納コンサート」を行い、フェスティバルの幕開けを飾りました。また、7月8日(日曜)に、長野市芸術館で開催した「オープニング・ガラ・コンサート」では、ホールに響き渡る音色が、来場した皆さんを魅了していました。

 アートメントNAGANO2018は、7月16日(月曜)まで、長野市芸術館を中心に魅力ある公演やさまざまなジャンルの楽しいコンサートなどを開催します。ぜひお出掛けください。

アートメントNAGANO2018(新しいウインドウが開きます)

善光寺本堂で行った善光寺奉納コンサート

  • 善光寺・奉納コンサート

オープニング・ガラ・コンサート

  • オープニング・ガラ・コンサート

日本の伝統文化を体験しました

 7月3日(火曜)、長野市の姉妹都市である米国・クリアウォーター市から本市を訪れている高校生訪問団の皆さんが、日本の伝統文化を体験しました。

 この日は、もんぜんぷら座の国際交流コーナーで、ことや三味線の演奏、茶道、折り紙、着物の着付けなどを体験しました。

 訪問団の皆さんは、市立長野高校の生徒などの家庭でホームステイをしながら、7月8日(日曜)まで本市に滞在し、同校の授業や文化祭への参加を通じて、高校生同士の交流を深めていきます。

7月3日クリアウオーター市高校生訪問団

マレットゴルフ場がオープン!

 松代町東寺尾に造成した松代マレットゴルフ場が完成し、7月1日(日曜)、オープニングセレモニーを行いました。

 セレモニーでは、関係者によるテープカットや加藤市長による始球式を行い、新たなスポーツ拠点のオープンを祝いました。

 この施設は、天然芝で造られた27ホールのコースを楽しむことができます。

テープカットの様子

加藤市長による始球式

キャンドルの光と音楽を楽しみました

 6月29日(金曜)、JR長野駅善光寺口駅前広場で、ライトダウンキャンペーンの一環として、太陽光発電による電力を使用した「キャンドルナイトコンサート」を行いました。

 この日は、コンサートに合わせて、手作りエコキャンドルによるライトアップも行い、会場を訪れた人は写真を撮ったり、キャンドルにメッセージカードを貼ったりするなど、幻想的なキャンドルの光を楽しんでいました。

 ライトダウンキャンペーンは、7月7日(土曜)まで実施しています。地球温暖化防止のために、家庭や事業所の照明はできるだけ消すように意識しましょう。

地球温暖化防止のための「ライトダウンキャンペーン」にご協力をお願いします

キャンドルナイトコンサートの様子

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る